名前のない日記

俺の俺による俺のための憑き物落としをしています。

自分を大切にするからこそ、他人にも優しくできるんだ。

昨日に引き続き例のCMの話。

ちょっと前に「男も男らしさから降りていい」というエマワトソンさんの演説がtwitterで話題になってたけど、このCMのお父さんが背負ってるのは「従来の男らしさ」と「新しい時代の男らしさ」なんですよね。仕事はやりつつ、家のこともやれ。お母さんが「従来の男の役割=仕事」の一部を背負わざるを得なくなったこととのトレードオフ

自分もそういう毎日を生きてて、時々ふっと「魔がさしてしまう」瞬間があるのは非常によくわかる。ダブルタスクに引き裂かれて、後から考えると間違った選択肢を選んでしまった。そういうこともないとは言わない。

だけど、やっぱり人間って「そういう風に出来ている」もの。「間違うように出来ている」ものなんですよ。誰でも何かを間違える。魔がさしてしまう。行っちゃいけない方に行ってしまう。自分もそうだし、家族もそれは同じ。家族だって完ぺきではないのだから、時に間違える。疲れてしまう。やらなければいけないことを放棄してしまう。

こういう時に大事なのって、そういう「正しくない自分」を許してやることだと、俺は思います。「正しくない自分を許す」ということは、ひいては「正しくない相手を許す」ということ。間違いを受容することって、優しさを持つことじゃないですか。自分を大切にするからこそ、他人にも優しくできるんだ。次元が言ったことは真理だと俺は思うんですよ。

そういう「自分と他人に向ける優しさ」がなければ、自分以外の他人と、家族として暮らしていくことは結構難しいんじゃないでしょうか。情けない自分を許せずに自分で自分を傷つけ続けるか、他人の間違いにいつも苛立ち、喉元にナイフを突きつけ続けるか。どちらに転んでも、そんな生活は長くは続けられない。

このCMのお父さんに向けられる視線を見てると、そういうことを考えてしまうんですよね。自分の間違いを許す「優しさ」がないから、他人に対する「優しさ」なんて持てない。そういう「優しくない」雰囲気が社会を覆っているんじゃないか、という気になってしまう。ネットの嫌な部分ですね。

従来の男らしさにプラスアルファを求められだした男性に、従来の女性らしさにプラスアルファを求められだした女性。そういう諸々がみんなの余裕を奪っているのかもしれない。「だったら昔のような分業に戻ればいいじゃないか」という意見もあるんだけど、時計の針は戻せない、とも僕は思ってしまう。

結局のところ自分を許せるのが自分しかいない以上、誰もが自分自身に「優しく」なるしかないんだと思う。だけど、これからさらに社会は余裕を失くしていく中、「優しく」なんて無理なのかもしれない。 自分や家族にすら「優しく」なれないのなら、それはもう本当にどうしようもない。もう一度「個」に戻り、万人が万人に対する闘争を始めるしかない。そういう絶望すらある。

だけど、優しくなりたい。強くなりたい。家族のために、自分のために。愛なき時代に生まれたわけではないのだから。

やさしくなりたい

やさしくなりたい

炎上CMを撲滅する方法(追記あり)

例の牛乳石鹸CM動画の件で、多くの人が「このCMは駄目だ」って言ってるわけだけど、この「多くの人にリーチすることが出来た」という点においてこのCMは大成功だったんじゃないか、と僕は想像しています。

だって俺、この「牛乳石鹸」っていう商品知らんかったんだもん。俺がいくら馬鹿でも、こうみんなが「牛乳石鹸!」「牛乳石鹸!!」って囃し立てたら普通に商品名覚えちゃいましたよ。こういう「物議を醸して今までにない顧客層にリーチする」ことがこの広告の目的だったとしたら、twitterで炎上、はてブでも炎上してる現状は100点満点で目的達成ですよね。

したり顔で「この広告は意図が上手く伝わってない。不出来だよ」とか批評家面して指摘する人とかいますけど、その広告が「本当は何を目指しているのか」なんて、それこそ企画段階まで遡らないとわからないわけですよ。最初の出発点も知らないのに、はっきりしない「広告の意図」を妄想してアレコレ言うの、僕自身も含め、ちょっと滑稽な気がしますけどね。

「何か言いたい人」にとっては、格好のサンドバックを存分にどつきまわせてハッピー。とりあえず商品名を覚えてもらいたい広告主は、商品名を覚えてもらえてハッピー。クライアントの要望に見事応えた電通は、クライアントからの評価も上がってハッピー。実は、みんなが幸せになれるハートフルCMだった可能性も否定できません。

「商品のイメージが下がってるじゃないか」という指摘もあるかもしれませんが、本当にそんなに下がってるか?というと、これは結構微妙じゃないかという気がします。あの動画だけで、「失望した!」「もう買わない!」とまで噴き上がり、その後も怒りを持続させ続ける人って、実は結構な少数派かもしれないですしね。

これは僕の想像ですが、こういう「炎上CM」が本当に商品や企業イメージを深刻に毀損するのであれば、とっくの昔にグレーゾーンを攻めるようなCMは作られなくなってるんじゃないかと思います。こういう、微妙なラインを攻めるCMが定期的に生産されるのは、「製作側、クライアント側にとって利益があるから」じゃないかと思うわけです。

もしも「多少物議を醸してもいいから、とにかく多くの人にリーチしてほしい」というクライアントがいたとしたら、こういう「何か気に入らないものを見ると噴き上がる」「批評家面して何か一言モノ申したい」「なんでもいいから殴りたい」人の心をくすぐるサンドバックをこしらえるのが一番手っ取り早そうですもんね。

こういうCMが本当に嫌い、視界に入らないでほしい、という人が取れる手段としては、逆説的ですが「全く言及しない」「無視する」というのが最もいい方法のように思います。反応があるからこそ、その反応を狙いに行く人がいるわけですからね。

もしも、ポリコレに即したハートフルなCMが拡散しまくりでドッカンドッカン受ける世界だったら、何にもしなくてもそういうCMばかりになってると思いますよ。 誰も反応せず、どこにもリーチしない広告なんて、それこそ無価値ですから。不快なものは触れず広めず、素晴らしいものだけを広める。ああ、なんという光属性でピースフルな世界なんでしょうか――

まぁ、そんなことは中々出来ないのが人間なんだと思います。何かを殴るの、誰かを見下すの、楽しいですもんね?




(追記)

非常に面白い解釈を目にしたので、ご紹介させてください。



正直言って、上の文章は多少イライラしながら書いたことは否定しません。ただ、こういう色々な見方が出来る「物議を醸すCM」ってのも、意外といいものなのかもしれませんね。少なくとも僕は、この方のツイートを目にできただけで、どこか救われたような気になりました。なっただけです、多分。

この夏、いちばん羨ましい馬鹿を見つけた

休みが足りなくてお盆も絶賛出勤中の身でこれを見た僕の気持ちを端的に述べるなら「う、うらやましいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!」の一言に尽きるわけです。

そりゃ僕もオトナですから、「こんなん休み二週間くらいないと無理だよな」とか「あったとしても子どもの面倒みないといけないから無理だよな」とか、必死に「出来ない理由」を探して、ある意味自分を納得させる作業を、僕のくだらない脳みそはオートマティックに始めるわけなんですがね、それにしても、それにしてもですよ。

めっちゃ羨ましい。出来るなら俺もやりたい。いや、やらせてくれよ。「コミケに行く!」みたいな馬鹿な理由で、ノープランで走り出したい。一日で浜松まで走って、適当なネカフェで一晩明かしたい。日焼けで肌ボロボロになりながら、警察に職質とかされたい。もう憧れ、憧れしかありませんよ!!(憤怒

この年になると妙に計算高くなって「一日で走りきれる距離の限界はこれくらいで、これ以上走ると脚に影響が出るからこの辺で宿とろう、なんなら予約とっとこう」とか「走力高そうな自転車買って少しでも負担減らそう」とか金の力を使ったりとか、「箱根みたいにダメージ溜まりそうな難所は避けよう」とか、やってもロマンのない行動を取ってしまうんだろうなぁとか思っちゃう。

そう、ロマン。ロマンですよ。ロマンのためにすべてを犠牲に出来る馬鹿。これが若さの特権でなくてなんだ。

まぁブコメとかコメントに散見されるように、一定の批判があってしかるべきなのはわかりますよ。倒れたら迷惑かけるだろ!とかね。でも、それでもやってみたい、という気持ちはわかるんだよなぁ。

このまとめの方が、24時間テレビのマラソンとかよりよっぽどワクワクするのはなぜなんだろう。人生であと1、2回はバカやりたいなぁ……

昔、はてなブログには「新着エントリー」「注目のブログ」という動線があったそうな

思うところがあったので、いくつかの「ブロググループ」に参加してみた。参加したのは、以下。

雑談 - はてなブログ グループ

読書 - はてなブログ グループ

マンガ - はてなブログ グループ

なぜ参加したのかと言うと、はてなブログをやっている人がここに辿り着くための動線をいくつか確保した方がいいんじゃないか、という気がしたからだ。

先日書いた記事がいくつかブクマをもらったおかげで、今このブログは日に20~30PVくらいある状況だ。正直言って、個人ブログだったらこのぐらいの数字が一番管理しやすく、精神安定的にも良好な状態を保てるのだが、ふと思った。

はてブ以外からは、このブログへどうやって来るのだろう?」

今の「はてなブログ」のトップページはこんな感じだ。

見てもらえばわかるが、トップで一番目立つのは「おすすめ記事」だ。おそらくこれは1日何千PVという数字をたたき出す中堅・大手ブログの記事だろう。下に行くと「お題」「トピック」「カテゴリ」などなどが並んでいるが、ここで俺は気付いてしまった。

「新着ブログとか注目のブログがない……」

少なくとも、このトップページにはどこにも見当たらない。あまりにも見当たらないのでGoogle神におうかがいを立ててみると、申し訳程度に以下のサイトがヒットする。

まぁいいんだけど……

はじめたばかりのブログって、こういう動線がないと検索ぐらいからしか来てもらえないと思うんだけど、はてなさん的にはそれでいいんだろうか? 検索からしか人が来ない、だとはてなブログ同士で横のつながりを作るのって結構厳しいと思うんだが……

まぁこういう「はてなブログ同士のつながり」って、えてして「互助会」とレッテル貼られて蛮族に燃やされるケースが多かったので、一般ユーザー的には消滅してくれた方がありがたい、くらいのものかもしれないけどね。

炎上狙いブログはやっぱりどうしても目についちゃうんだけど、悪目立ちするもの以外にも真面目にちまちま書いてる人も中にはいるわけで、そういう人たちがワリ食っちゃうのってどうなの?と思わざるをえない。

探してみたら「新着エントリー」がなくなったことについて嘆きの声がいくつか見つかった。

これらを読む限り、そのうち何らかの形でトップページに表示される日はくるのかもしれないけど、改変から約1年音沙汰なしということは……まぁお察しですね。

「全ての人が恋愛できる」なんてのは幻想だと思う

「童貞=女に受け入れられたことがない人生だった」これがつらいんだろが!!!!!!!!

これな、という感じ。実はこの話は童貞に限ったことじゃなく「他者に受け入れられた経験を持たないことをつらいと思う気持ち」の話なので、厳密に言うとタイトルがあまり良くない気もするが、そういう正確なタイトルをつけてもブクマは集まらないだろうなとも思う。

しかし、非常に気持ちはよくわかる。

僕は今30越えで、一応家族がいる。今まで生きてきて女性と深く付き合った経験は奥さんとしかない。奥さんと付き合いだしたのは20代後半だったが、それまではバリバリの「彼女いない歴=年齢」。モテたこと、異性に気持ちを受け入れてもらったことは一度もなかった。その当時の気持ちは、概ね上の増田に書かれている通りだ。

「僕はもう一生、誰かと繋がることはないのだろう」

義務教育から高校、大学、そして社会人。連綿と積み重ねた負の体験が、僕の人生観を強固に確定させようとしていた。幸せそうな他人を見るたびに、心のどこかに憎しみの萌芽のような何かが感じられた。

そんな暗黒から抜けることが出来たのは、単純に運が良かったためだ。そういうめぐり合わせがなければ、僕は今でも暗黒の中で一人、憎しみをすくすくと育てているだろう。僕にはそういう確信がある。少なくとも、努力でなんとかなる問題だとは到底思えない。

「正しい恋愛の仕方」「正しい性的魅力の身に着け方」なんて、誰に教えてもらえるものでもない。そもそもそれらに「正しい方法」なんて存在しないのだろう。

そんな「高度なコミュニケーション能力」に依存する、正解が存在しないノウハウを習得することについて、「頑張れば誰でもできる」「出来ないのはお前の努力が足りないからだ」という態度を取る諸兄は、いくらなんでも冷酷が過ぎるんじゃないかと思ったりもする。

「頑張れば甲子園に行けるよ!」はある意味真実なのかもしれない。しかし、1試合こなしただけで参加校の約半数は消えるのもまた事実だ。そうして敗れ去った人たちに「甲子園に行けなかったのはお前らが頑張らなかったせいだよ」と言うか?という話だ。少なくとも僕は言えない。たとえ、「どうしようもない」が真実なんだとしてもだ。




これは前にも書いたかもしれませんが、結婚して一番良かったことは、こうした「誰にも受け入れてもらえない自分」という殺し合いの螺旋的な何かから大手を振って下りることが出来た点ですね。

「もう恋愛しなくていい」ことがこんなにも素晴らしいことだなんて! 本当に世界が変わって見えますよ。この後何かが起こって奥さんと別れるなりなんなりしたとしても、僕はもう金輪際恋愛なんてしたくないです。

そういう意味では僕は間違いなく恋愛に向いていない人類だし、もしかしたら世間一般的な恋愛は出来なかった人間なんでしょう。「恋愛至上主義」がまだまだ根強い現代にあって、そんな「現代の不適合者」たる自分がこうして家族を得られた幸運には本当に感謝しかありません。

「全ての人が恋愛できる」なんてのは幻想だと思います。現代、結婚するために要求されているのはそういう「希少価値のある能力」なんだ、ということはもっと意識されていいと思うし、恋愛に依らない結婚へのパスがいくつも出来たらいいんじゃないかなとは思いますが、多くの人が幸せになれる冴えた解答は今の所見えません。

切断処理からの非難、見下しという必殺コンボ

人工妊娠中絶を受けた話

俺はどちらかというと、こういう増田を見たときに厳しい意見を書けない人間なんだけど、それは俺が特別優しいからとか、人間が出来ているからではなく、単に「ああ、俺もこういう失敗をしてしまいそうだ」みたいに、なんとなく自分と上手く切断処理が出来ないせいなんだと思うわけです。

逆に言うと、俺だって「自分は絶対こういう失敗はしないよ」とか「天地がひっくり返っても俺とは関係ない話だな」と思えば、信じられないくらい冷酷なコメントも書いてしまえるのだと思えます。人間ってそういうとこあるし、俺もまたそういう人間の一人だからです。

だから、「こんな冷酷なこと書ける人の方が信じられない」とか言いたくなる気持ちもわかるけど、それって結局「この増田の『痛み』がわからない人間」を切断処理してるだけなんじゃないか、とも思うんですよね。

俺も日常的に、切断処理からの非難、見下しという必殺コンボを無意識のうちに使いまくってるんだと思います。その方が楽だし、自分が他人より少し上等な人間になったように感じられるからです。だけど、俺は他人を見下すことなく、誰と比べることもなく、本当の意味で上等な人間になりたいと思っています。怪物になりたいと思うこともありましたが、やはり俺は人間でいたいと思います。

FGO 飽きた

今日は全くの雑記なんだけど、最近FGOやるのがダルくなってきた。

前回ハマったソシャゲはパワプロで、ランキングイベ乱発するわガチャ確率は極悪だわ、それはそれは厳しいソシャゲだった。醒めたきっかけはガチャの爆死。半年近く貯めた無課金石で、見事SR引けずという言い訳できないほど見事な爆死だった。結局それ以降ログインすることすらダルくなってやめてしまった。

今回はというと、前回のような直接的なきっかけはないんだよなぁ。強いて言えば、水着イベントをどうしても進められなかったことか。

僕は毎回寝る前にプレイするんだけど、プレイし始めると10分も持たずに入眠してしまい、朝になって再起動すると毎回キャッシュクリアの再ダウンロードというコンボが面倒くさくなってしまった。スカサハはなんとか集めきったけど、そこまで。今のリヨイベは序章すら見ていない。

やっぱゲームとして単調過ぎたのかなぁ。あと、育てたいキャラは大体育てた、というのも大きいのかもしれない。

まぁ無理して続けるものでもないので、こういう状況になったら引退かなぁと覚悟は決めている。

ただストーリーを見たい気持ちはまだ残ってるので、メインストーリーが更新されればやるかもしれない。そのうちにモチベが戻ってきたらやるかも。ソシャゲとの付き合いなんてそんなもんでいいんだと思う。

広告を非表示にする

「男性もつらかったらジェンダーロールから下りていい」男「もうとっくに下りてますよ」

雑感を表題で述べてみました。

エマさんが演説の中で述べている「男性とはこうあるべき」の具体像は、

「仕事で成功すること」
「攻撃的・アグレッシブであるべき」
「物事をリードし、コントロールするべき」
「強くあるべき」

などです。これらから「つらかったら下りていい」とエマさんは言っているわけですが、僕の感覚だと、若い人を中心に男性の多くはもう既に下り始めていると思うんですよね。エマさんに言われるまでもなく、もうかなり昔から。

例えば、もう30年以上前に書かれた村上龍さんのエッセイ「すべての男は消耗品である」でも、既に「自信を失くした男たち」が「女性化、ガキ化している」と述べられています。

才能もない、金もない男(まさに「キモくて金もないおっさん」だ)はどうやって生きていけばいいんだろう? という問いに村上龍さんは「どうしようもない」と答えています。配られたカードで勝ち目のない戦いを続けていくしかないんだ、と。

自らの「男性性」を武器に勝負しても勝ち目がない多くの男性にとって、男性性を突き詰め続けることはリスクでしかない。「草食化」などを引くまでもなく、その頃から「男性の女性化」はトレンドなんですね。エマさんの演説は、その現実の追認でしかない、とすら思います。


男性的な価値観はもう時代遅れらしい。男たちは一体どうしたらいいのだろうか。

実はどうするも何も、若者たちは徐々に「女性化」する社会に適応しつつある。たとえば僕が若者のことを語る時にいつも例に出す生活満足度調査の数字を見ても、その傾向を確かめることができる。

数十年の変化を追ってみると、生活満足度は一貫して女性のほうが高い。たとえば1985年だと20代男性の満足度が59.6%なのに対して、女性では79.7%もあった。

理由の一つは、女性のほうが将来に対する期待がそもそも低かったことだろう。雇用機会均等法施行前夜、仕事によるキャリアアップが現実的ではなかった女性たちは、「まあこんなものだろう」と早くから自分の人生に折り合いを付けていた。

それが最近では、男性の生活満足度も上昇してきている。2014年の調査では20代男性が78.0%で、女性は80.1%。ほぼ男女差がなくなりつつある。

もはや男性であっても、「将来のために今は辛くても頑張る」という発想から距離を置き、 身の丈にあった現実を受け入れつつあることの証拠だと思う。

若い男の子たちが女性化するのは、当然といえば当然だ。

正社員になれるかわからない。給与が上がるかもわからない。そんな彼らが「男らしく」なるなんて無理に決まっているのだ。

「男らしい」は時代遅れ!? 男性はさらに女性化する【古市憲寿/保育園義務教育化・23】 — 保育園義務教育化23 | Hanako ママ web


しかし、問題はもう先に進んでしまっていて、多くの人が問題にしているのは、

「つらかったらおりてもいいんだよ」

       ↓
「下りてもつらいんだけど、俺たち(私たち)はどうすりゃいいの?」

なんですよね。偉い人は綺麗事を語るのが仕事だが、それだけでは人は救われない。

厳しいようだけど、村上龍さんの言う「どうしようもない」が結局のところ真実なのだ。男だろうと、女だろうと、配られたカードで勝ち目のない戦いに挑んでいく他ない。やりたいことをやりたいようにやっていくしかない。やっていきましょう(パクリ)

下心を持つのは恥ずかしいことだとか思っていないか

「誰だって下心ない相手には親切しないでしょ?」と話を振られてキョトンとした話「自分が損するだけなのに?」「……なんの損得?」 - Togetterまとめ

ブコメにも書いたけど、社会的に、一般的に「善行」とされる行いをして「徳を積む」ことそれ自体にメリットを感じられるか否か、というところにかかってくるんですよね。メリットを感じられる人は徳を積み、そうでない人はそれなりに。単なる価値観の相違で、本来それだけの話。

ただこのまとめ主の、

徳を積むことの良さが分からない人には分からないんだよなぁ

というコメントには、「徳を積む」ことにメリットを感じられない人に対する侮蔑の感情が見えるんですよね。それがこうなんていうか、あからさま過ぎてなかなかしんどい。

いやまぁわかるんですよ。「損得勘定が全てなんですかwwwww寂しい人生ですねwwwww」とか他人を見下して自分はさも上等な人間面したいじゃないですか。そりゃしたいですよ、俺だってしたい。「マズロー欲求階層低いなお前www」とかのたまいながら悦に入りたいですよね。すごくよくわかります。

でも、そういうのってある日なんかのきっかけで「徳の高くない自分」になった瞬間に、この人は自分自身を蔑まなきゃならなくなるから、なかなか怖いことだと俺は思うんですよ。



あと、これは蛇足だけど、ブコメを見てると「見返りを求めてする行為は親切ではない」みたいな人が結構いてビビる。

「相手に良く思われたい!」って思ったっていいじゃん。「助けてあげたら仲良くなれるかも!」とか、「上司に『デキる奴』って思われたい」とか、「給料上がるかも!」とか「いい奴アピールしたい!」とか。

自分だけが得をしてはいけないとか思っていないか? 堂々とメリットを求めるのは浅ましいとか思っていないか? 下心を持つのは恥ずかしいことだとか思っていないか?

いいじゃん。全部いいんだと俺は思うよ。

やらないよりはやった方がいい。自分の都合を優先して、やらなくたって別にいい。実利を最優先したっていい。「徳高い俺www」に酔ったっていい。

究極的には何したっていいんだと思う。自分が納得してんならそれでいい。そうやって自分を許せるなら、他人だって許せる。回り回って自分自身を許すことになる。そうやって他人や自分を許せた方が生きるのは絶対に楽になる。楽に生きよう。

「本気でやってない奴」は、見ればすぐわかる。

音楽やってる人間の中にはカッコイイ人も多いが、同じくらいカッコ悪い人もたくさんいる。生活費を全て彼女に持ってもらってるとか、ファン食いまくりとか挙げればキリがない。しかし、その中でも断トツぶっちぎりでカッコ悪い奴はどういう奴か。これはもう「本気で音楽をやってない奴」ということに尽きる。

どんなにヘタクソでも、本気でやってる奴の音楽には不思議な説得力が宿る。リズムバラバラ、音程滅茶苦茶でも、ライブをやらせれば胸に迫る。そういう歌うたいを、俺は何人も見てきた。

「本気でやってない奴」は、見ればすぐわかる。

「伝えよう」という気迫が無いから、ステージ上の所作一つ一つに自信がなく、頼りない。「ライブが盛り上がらないのは俺のせいじゃない」とどこかで考えている。ライブが終われば「今日の客クソだわ(笑)」と平気で愚痴り「ハコの音が悪い」と自分以外の何かのせいにする。

下手すりゃチケット売るのも他人任せ。売れなきゃ「自腹切ればいいんでしょ?(笑)」と思ってる。そういう姿勢だから、貴重な時間を割いてきてくれた客への感謝も薄い。

大抵こういう奴は、やってる音楽も総じてクソだ。日常的な一つ一つの行動の覚悟のなさは、ストレートにステージで表れる。観客を、音楽を舐めてる奴のステージが真摯なものであるはずがない。

だから、音楽をやるなら本気でやらないとダメだ。お前にはステージ上で死ぬ覚悟があるのか。そういう覚悟がなければ人はけして感動しない。ブルージャイアントで雪祈が大に言ったことが全てだ。

「お前は何度でも客の前で死なねえと」

だから、俺はブコメにこう書いたんだ。

【31歳の決断】宮森はやとはラッパーになります! - エドマル

頑張れー(´ω`)

2017/08/02 08:22

って。




【31歳の決断】宮森はやとはラッパーになります! - エドマル