名前のない日記

俺の俺による俺のための憑き物落としをしています。

「これがはてなの現状です」としか言いようがない。

今更メタブして喜んでる連中ってクソしょうもない

この増田の発端となった記事のメタブが何個もホッテントリ入りしているのを見て思ったことは、「あー、飽きもせず互助会互助会っつって批判してる人は、いつもこういう気持ちなのかもなー」ということ。

でもまぁ、前も書いたが、ホッテントリは所詮「はてなユーザーがどれだけその記事にブクマしたか」のランキングであり、それ以上でもそれ以下でもない。そんなものに、いちいち感情左右されるのはひどく馬鹿らしいことだ。

どれだけ俺が「くだらねぇ記事のメタブいくつもホッテントリ入りさせやがって」と思っても、それなりに多くのはてなユーザーがそれを面白がっていることだけは厳然たる事実なのだから、はてなを使っている限り認めるしかないと俺は思っている。それが嫌なら見なければいい。何年か前のレコ大審査委員風に言うと「これがはてなの現状です」なのだ。それ以上に言うべきことなどない。

わからないのは「この件はOK、でも互助会はNG」という人がいることだ。

俺は互助会批判を「購読者グループ内などの、内輪のブクマ付け合いによって(内輪以外の人にとって)詰まらない記事がホッテントリ入りすることに対する批判」と捉えている。「ホッテントリ入りするべきでない記事がホッテントリ入りしてしまうこと」への不満が互助会批判のキモだったんじゃないか。

だとするなら、昨日のメタブだって同じじゃね?

結果的に、多くの人にとって「読むに値しない」サイト(しかも複数個のメタブも含め)がホッテントリ入りしてるんだからさ。少なくとも俺は「くだらねぇ記事のメタブいくつもホッテントリ入りさせやがって」と思ったよ?

皆さんが批判する「互助会」と何が違うのか。



何度も言うが、これがはてなブックマークの現状なのだからしょうがない、と俺は思っている。喜色満面、せっせとメタブの塔を建立した人たちに言いたいことなど何もない。

ただ、自分たちも似たようなことをしておきながら、他人に対して「互助会(お前たちはスパマーだ)」とレッテル貼りするのは醜悪としか言いようがないし、ダブルスタンダードもいいとこだ。

つまらないなら「つまらない」と言えばいいだけじゃないか。「互助会」なんて人をスパム呼ばわりするマジックワードを使って批判をする根性が、俺は心底嫌いだ。

最も嬉しいはてな通知は、誰が何と言おうと間違いなく「読者になりました」通知だ。

どうでもいい話。

一日に数件ブクマし、たまにブログを書いてると一日に数件ははてなさんからの通知が来る。その中で最も少なく、そして最も嬉しい通知は、誰が何と言おうと間違いなく「読者になりました」通知だ。

ブログを読みに来る読者の属性はいくつかある。「検索から来ますた」パターンや「ホッテントリ(燃えてる)から来ますた」パターン。まぁ「twitter(お気に入り)でこの人が言及してたので」とかもある。

その中でも「購読中のブログから来ますた」という人を、俺は愛している。なぜなら彼らは「俺が書いてるブログが更新されたから」来てくれる人なのだからだ。まぁ実際には「興味惹かれるタイトルの時だけ」みたいなのもあるんだろうが。

RSSに入れてくれてる人もそうなんだが、そういう人は中々こちらから観測できない。しかし、はてなで購読してくれる人はしっかりIDまで見える。

「購読者が増えました」通知を見た時の、「この人が、俺のブログを読みたいと思ってくれた人なのか」という、このなんとも言い表しがたい愉悦(?)。

まぁ俺は「購読返し」みたいなことはしないので、互助会的な意味ではメリットの薄いブログではあるが、購読いただいた時にはいつも、すごくすごく感激している。本当にどうもありがとう。

まぁ星もうれしいのだが、やっぱり購読通知には劣る。ブクマはどちらかというと怖い。idコールは眩暈がする。

「あなたといると(自分が劣等感を抱かなくて済むから)落ち着く」

32歳童貞(当時)の彼と付き合い始めた

正直上の増田だけなら特に何も言うことがなくて「うーむ」で終わる話だったんだけど、下の増田を読んで少し思い出したことがあるので書いてみる。




俺の友達の話だ。顔は平均点以上で、コミュ力も(表面上は)高く、中学生ぐらいから彼女を切らしたことがない。ダサくてモテない童貞の俺とは真逆の人間だったが、大学卒業後も不思議と付き合いが切れていなかった。

その彼と数年前に一度飲みに行ったんだけど、「実は離婚を考えているんだ」と言う話になった。

詳しい話は省くけど、奥さんが働きもせず子供の面倒もろくに見ない、いつも塞ぎ込んでいてたまに間欠泉的にヒステリックになる、このままだと子どもに悪影響があるから別れたいと思ってる、というような話だった。

彼と彼の奥さんは、大学時代に同じサークルの先輩後輩だった。地味で大人しく引っ込み思案だった後輩の面倒を見る先輩、という間柄。俺は彼らと別の大学だったので彼からの伝聞でしかないのだが、まぁ何にもなければ結婚するだろこいつら、とは思っていたし、実際そうなった。一つ想定外だったことがあったとすれば、彼女の就職が上手くいかず、1年も経たずに会社を辞めてしまったことだ。彼が言うには「職場で上手く折り合えなかった」とのこと。

彼はそれなりに名のある企業に就職できていたから、将来的に彼女を含む家族を養っていくことが十分に可能な稼ぎを得ていた。彼もそう思ったからこそ、会社を辞めてしまった彼女と結婚することを決意した。別に二馬力で稼いでもらわなくても、家を守ってくれればそれでいいよ、としたわけだ。

やがて彼らの間には子どもが生まれ、もうすぐ2才になろうかと言う頃だった。そんな矢先、彼の「離婚するかも」という告白だった。

「育児でストレスがたまってるんじゃないの?」と聞くと「あいつは元々子どもの面倒を見るのが嫌いなんだ」と返ってくる。

彼は稼ぎがある割に時間が自由になる仕事なので、彼が言うには「可能な限り家にいて子どもの面倒を見るようにしている」らしい。

「子どもを見てるから外に遊びに行って来たら」と彼が提案しても「外には行きたくない」と言うらしい。元々引きこもりがちな性格で、遊びに連れ出してくれるような友達もいない。

「奥さん鬱なんじゃない?」というと「病院に行ってる」と返ってきた。

そんな状態の奥さんをほっぽりだす気かよ、ということをオブラートに包んで伝えると、

「このままだと子どもにとっても良くないと思う。彼女も大事だけど、一番に優先すべきは子どもだろ」

返す言葉がなかった。

そこでふと、脳裏をよぎった言葉があった。

「あいつは俺がいないと何もできないからな」

思い返すと、彼はよくそういう意味のことを言っていたように思う。

前の彼女の時もそうだった。中学から高校卒業くらいまで付き合っていた彼女にも似たようなことをよく口にしていた。その彼女も、見た目には彼とは不釣り合いな印象の地味な子だった。彼が大学受験に成功して上京する時に別れたと聞いていたが。

そういえば、俺に対しても彼はそうだった。「お前のこういうところが駄目なんだ」と、俺は彼に何度も言われた。ファッションや性格、立ち居振る舞いのこと、ありとあらゆることを。

あれは俺や彼女に対してのみだったか? 彼の交友関係を思い浮かべる。彼らに対しても彼は少なからず「そう」じゃなかったか?

そうか、そういう奴だったよな。

俺は一人で妙に納得してしまった。




今になって思い返すと、要するに彼は「自分が相手に対して心理的な優位性を保ってないと人と付き合えない」奴だったんだと思う。対等な相手や自分の方が相手に心理的劣位に立たされる相手との関係性を忌避する傾向もあった。

これって掘り下げると「自信」の話になってくる。自分に確固たる自信がないから、心理的劣位に立たされるのを酷く嫌う。

だからそういう人は、深く付き合う相手に対してはまず初めに「順位づけ」をする。「自分の方が上だ」と相手に示して、それを受け入れてくれた相手とだけ付き合う。どうやって示すかっていうと、これまた色んな方法があるんだけど、一つのメジャーな手法としては彼のように相手をまず「否定」することから入るんですね。

俺はこの増田(32歳童貞(当時)の彼女さんの何が引っ掛かるのか解説する)を読んで、確かにそういう風にも見えるな、と思った。書かれていないことはわからないが、書かれていることだけ見れば方法論として理解できる、という話だ。

それが上手くハマるケースもある。上にいたい人と下にいたい人*1が付き合えば、それはそれで幸せなわけだ。

しかし、そういうアプローチは往々にして相手の自尊心を損なうことがある。それが行き過ぎれば、世に言う「モラハラ夫」「モラハラ妻」の出来上がり、となってしまう。

もちろん、元増田がそういう人かどうかはあれだけでは判断できない。「痘痕も笑窪」という言葉もある通り、人は人のスペックだけで人を判断しているわけではない。

しかし、こういうのは濃淡の問題で、少なからずこういうミスマッチは誰の身にも起こり得ることだ。そういう意味で、元増田の彼氏に対するアプローチに賛同したり、嫌悪感を示す人間がいるのも当然だと思う。




よく「あなたといると落ち着く」とか言うじゃないですか。これって要するに「あなたとわたしの関係性が心地いい」って意味なんですよね。気を遣わなくていい、とか。安らぐ、とか。

でも、自分に根本的な自信を持てないある種の人にとっては「あなたといると(自分が劣等感を抱かなくて済むから)落ち着く」みたいになっちゃうケースもあって、そういう人はまぁまぁの確率で相手の自尊心を破壊しにくるから、付き合う人間は地獄を見るわけです。

元増田がそこまでの人かはわからないけど、俺の友人の彼については、正直俺としてはかなりの確信を持っている。

ほどなくして彼は離婚し、子どもの親権は彼の方がとった。彼女の方は実家に戻ったとだけ聞いているが、今ではもうその彼とも付き合いが途絶えてしまったので、その後のことは俺にはよくわからない。彼と彼の子どもがどうなったのかも、知る由もない。

*1:もうちょっと良い言い方をすると「守ってやる」人と「守られたい」人、みたいな。

まどかには「世界を救わない」という選択をする権利がある。



暇なのでこの増田について書く。

この増田の元ネタになっている例の京都の方だが、俺は別にムカついてはいない。後の記事での「釣ってやったわ」みたいな態度が反感を招いているようだけど、前の記事に書いてたことは結局本人の本音なんだもんね。それに共感や反発を覚える人があれだけたくさんいたってことだから、それが意図的か意図的じゃないかは俺にとってはそんなに大きな問題じゃないし、結構すごいことだと思う。あと大抵の場合、性格悪い人の方が書くものは面白い。

まぁ、自分が誠実であることは大事だけど、他人に誠実さを求めたってろくなことはないよ。俺が保証する。

まぁいいや。で、上の増田について。


それは、「天賦の才能は神から与えられたもので、返す必要がある」という指摘だ。

これはもしかしたら、上のブログでもったいないと言ったという話に繋がるかもしれない。

(中略)

ハテブの中にノブレス・オブリージュの話が出ていたが、優れた能力を持つものは、より多く社会に貢献すべしという主張に通じるのかも知れない。

天賦の才としての高学歴

読んだ時から違和感があった。『ノブレス・オブリージュ』と『能力がある人は、より社会に貢献すべし』って、通じるかもしれないけどやっぱりちょっと違うよね?


ファニー・ケンブルが1837年に手紙に「……確かに『貴族が義務を負う(noblesse oblige)』のならば、王族は(それに比して)より多くの義務を負わねばならない。」と書いたのが、この言葉が使われた最初である。

倫理的な議論では、特権は、それを持たない人々への義務によって釣り合いが保たれるべきだという「モラル・エコノミー」を要約する際に、しばしば用いられる。最近では、主に富裕層、有名人、権力者が「社会の模範となるように振る舞うべきだ」という社会的責任に関して用いられる。

ノブレス・オブリージュ - Wikipedia


ここでいう「特権」と「才能」って、果たして互いに代入しても問題ないような概念だろうか。

高い地位を有する貴族や王族は平民とは比較にならない特権を持っているのだから、戦時においては積極的に戦い民を守らなければいけない。それはわからんでもない。

しかし、自らそういう自負を持ち心がけるのは立派だが、それって自発的に持つから立派なのであって、他人から「それを持ってない」ことを理由に批判を受けなければならないようなことなのだろうか。

どうにも納得できない。

大体「才能」って、「資産」や「地位」と違って捨てることが出来ない場合もあるじゃないですか。「学歴」だって、ある意味では捨てられない。

貴族や王族が平民と比べて社会に重い責任を背負うのは、彼らが「特権」を持つことによって通常よりも大きい利益を得ているからだ。

「才能」や「学歴」って、持っているだけで得られる利益ってあるんだろうか。結局それを自己努力で磨いて、働くから利益を得られるのであって、「持っているだけで」食えることなんてない。

「持ってない人」と比べたら多少有利かもしれないが、それって貴族や王族の「特権」と比べられるほど大きな利益なんだろうか。それを理由に「社会に還元せよ」と迫られなければならないような性質のものなんだろうか。


この増田を読んだ時、俺はこの前見た「魔法少女まどか☆マギカ」を思い出した。

まどかには「魔法少女」の才能があった。その身を犠牲にすれば、「ワルプルギスの夜」という世界の危機を一人で撃退できるほどの、途方もない才能が。

この時のまどかは、その才能を理由に世界を救わなければならない義務を負っているのだろうか。「才能」を持っているという、ただそれだけのために、その命を差し出さなければならないだろうか。

俺は、違うと思う。

まどかには「世界を救わない」という選択をする権利がある。その才能を発揮するかどうかの決断権は、本人にしかないはずだ。*1

「才能を持っている人間は社会に貢献する責務を持っている」

自分自身でそれを自負し、行動するのは立派だ。しかし、他人がそれを押し付け強要するのは、いささか邪悪が過ぎるように俺には思える。

「世界のために死ぬ覚悟ができたら、いつでも声をかけてよ」

と、無邪気に迫るキュウベエは、魔法少女たちにとってそういう存在ではなかったか。

*1:だからこそ俺はTV版を見た時、そんな決断を彼女にさせる「世界」ってクソだなという感想を持った。

彼らは互いにすれ違いながら、足りない何かを巧妙に埋め合っている。



これを読んで、ご本人のブログも覗いてみたんだけど、確かに仰る通り、アイドルというよりはアコギ弾き語りのシンガーソングライター的な活動をなさっているように見える。舞台演劇もやられているようで、非常に多才な方なんだと思う。

自分には、昔路上弾き語りの音楽活動をしていた友人がいて、そういう現場にも何度か顔を出したことがあるので少し書いてみたい。


でも、こういう「シンガーソングライター風」の現場は
警戒感も薄いし、そもそもマネージャーとかがつく事もなく、
ファンがいないシンガーソングライターさんが
(ライブハウスでチケットもぎりの時の、
 「どなたを聴きに来られましたか?」の質問で、
 1回も名前が出ない人の事だよ!)
出演してる事も多すぎるくらい多くて、
事情を知ってる人が周りにいない事が普通。

事件被害者の冨田真由さんは「地下アイドル」というより「地下シンガー」さんだと思うの。 - O-Lab +Ossan Laboratory+

事務所の後ろ盾のない歌うたいには、そもそも「スタッフ」なんていないのが普通だ。*1

バンドやユニットでもなくソロの場合は、一人で箱まで行き、リハをこなし、チケットを売った自分の客の相手をし、ライブをし、ライブ後にはCDなどの物販まで本人がやる。そういった細々としたことを全て歌うたい本人がこなさなくてはならない。

チケットは歌うたい本人が直接客に売るのがほとんど。本人が直接お客に「ライブをやるので来ませんか?」と声をかけるわけだ。

ただ座って待っていてもチケットは売れない。以前アンケートにメールアドレスを書いてくれた人に宣伝メールを送ったり、ツイッターやブログで告知したり、知り合いのツテで集客をお願いしたり。とにかく出来ることはなんでもする。

まぁ集客に困ってない人ならそこまでしないかもしれないが、客をぞんざいに扱う歌うたいは「あいつは調子乗ってるぞ」的な目で見られたりもする。歌うたいの界隈は意外と狭い。客の評判、特に悪い評判は光の速さで広まる。自分で呼んだ客に対しては、細心の注意でもって接する歌うたいがほとんどじゃないだろうか。

「いつも来てくれてありがとうございます!」

笑顔で応対。頼まれたらCDにサインくらいはいくらでもする。*2

いつもいつも違ったお客さんを呼べればそれに越したことはないが、大体の場合、呼んで来てくれるお客さんは決まった顔ぶれになる。それに忸怩たる思いを抱かなくもないが、ライブに呼ばなくても角が立つし、そもそもノルマはキツい。結局いつも来てくれる常連さんに頼らざるを得なくなる。歌うたいとお客との個人的関係性は、このような中に育まれていく。

その上、客が少ないと「俺のためだけに歌ってくれてる!」
みたいな感じになっちゃうわけですよね、シチュエーション的に。

事件被害者の冨田真由さんは「地下アイドル」というより「地下シンガー」さんだと思うの。 - O-Lab +Ossan Laboratory+



警備を強化する、って言ったって、
そのシンガーソングライターさんの状況を
知る人がいなければどうにもならない現場、
だと考えていただくしかないです。

ライブハウスのスタッフに警戒を期待するのは無理だし、
そもそもライブ終わりにざっくばらんに
それぞれがコミュニケーションを行う時間もある事が多いし、
どうにもならんです。

変なやつに狙われたら、音楽活動を止める、
という以外、何もないのが現状かと思います。

事件被害者の冨田真由さんは「地下アイドル」というより「地下シンガー」さんだと思うの。 - O-Lab +Ossan Laboratory+

零細ライブハウスに、名もなき歌うたいを警備する人員を手配できるはずもない。入場の際にカバンチェックがあれば、そのライブハウスは相当しっかりしていると思っていい。*3

そもそも路上歌うたいの場合、路上自体が危険でいっぱいだ。

チンピラ風の男に「ショバ代払え」と殴られたり、血まみれの男が寄ってきて「なぁ兄ちゃん、喧嘩しようや」とリアルファイトクラブを所望されたり、四六時中駅構内に設置された公衆電話に怒鳴り続けてる男がいたり…まぁ人材の宝庫だ。

そんな路上にあって、若い女性歌うたいが一人で歌ってるこの現状って大丈夫なのと思ったりもしたが、大体そういう女性シンガーには親衛隊のような常連さんが囲ってるのでまぁいいかとも思っていた。今思えば、路上には危険が一杯だからこそ「大丈夫なの」という気持ちで彼らはその女性歌うたいを囲っていたのかもしれない。後でその内情を聞いて「うわぁ…」と思うこともあったが。

完全に危険を排除することなど出来ない。それは人前で歌わない一般人でもそうなのだから、人前で歌を歌う彼女らはなおさらだ。

だけど、危険があるからと言って、じゃあ「歌うのやめろよ」とも言えない。彼女たちがどんな思いで歌っているのか、なんとなくわかるのだ。

危険があるから「歌うな」なんてのは、「いつか死ぬから生まれてこない方がいい」とほぼほぼ同レベルの暴言に、俺には思える。だからこそ、難しい。



上記ブログの筆者様は他の記事で、
結局のところ、アイドルヲタじゃない外野の人間が、
「現代アイドルの現場は特殊だから」という思い込みから、
今回の事件の異常性を語りたいだけだよ。
見た目が気持ち悪いヲタがたくさんいるアイドル現場だから、
異常性が可視化されてるように錯覚してるだけだろう?

もう一度言う。握手会をやろうがやらなかろうが、
変なやつに知られて狙われたら大変な事になる。

昔から芸能人は襲われるリスクを抱えてるし、アイドルが今回の件を自分らに都合よく使おうとしてるにすぎない。 - O-Lab +Ossan Laboratory+

と語っている。その通りだと思う。個人的関係性の拗れが原因で起こるトラブルはアイドルに限らない。俺が友人の目を通して見た路上歌うたいの世界でもそれは同じだった。

歌うたいの彼は言う。

路上で歌っていると、客が自分の歌が好きだから来ているのか、自分との関係性を保ちたいから来ているのか、たまにわからなくなる。歌を聞いてほしい自分と、歌に興味はないが自らの寂しさを埋めるためにライブに足を運ぶ客は、表面化はしない程度にすれ違っている。

アイドルが夢を売るように、自分たちのような売れない路上歌うたいは関係性そのものを売っているのかもしれない。

だから、

だが、現実にアイドル達が商っているのは、“あなたの間近なアイドル”という、関係性を含んだキャラクターなのである。アイドルファンに対して「商品だけを買ってください。私はあなたのものではない」と要求する一方で、売買されているキャラクターのなかには「私はあなたの間近なアイドルです。関係性の近しいキャラクターです」というニュアンスが拭いがたく含まれている。なんという矛盾!

現代アイドルが売る「商品」とは何か・あるいは私達は - シロクマの屑籠

これって歌うたいのことじゃないか、と思ってしまったのだ。「夢」を売るだけじゃ生活できない自分たちと、現代のアイドルは実は同じだったんじゃないか、と。

「夢」を売るだけじゃ生活できないアイドル。
「歌」を聞いてもらえない歌うたい。
そして、つながりに飢えた寂しい誰か。

彼らは互いにすれ違いながら、足りない何かを巧妙に埋め合っている。



歌うたいの彼は、今は歌を歌っていない。

代わりにどこかでブログを書いてるらしい。

*1:一見「スタッフ」に見えても、聞いてみるとその実は友人だったりする。

*2:友人はてんで大したことないレベルの歌うたいだったが、そんな彼でも何度かはサインを求められたことがあるそうだ。

*3:少なくとも自分の友人のライブを見に行く時に、カバンチェックを受けたことはない。

戻れなくなった人です。



気を取り直して↑について書こう。ちなみに自分は地方(の都市部周辺)在住で子どもは2人(共に保育園)。共働き。

まず、


毎日こなしてる嫁すごい。


と書いてあったが、自分の家のような共働き家庭だと、毎日買い物はしない家が多いんじゃないかな。うちも週末にまとめて買ってる。

地方民ならではかもしれないが、買い物は基本的に車。公共交通機関使わないと不便な所にはよほどのことがないと行かなくなってしまった。狭いバスの中でベビーカー運ばなきゃいけないとか、子どもが寝ちゃったらつらいとか、ブコメにも「泣く」「うんちする」の指摘があったけどそれもつらいし、まぁいろいろ面倒なのだ。車だとその辺の大半の問題がクリアできるし、移動時間にお昼寝が出来るのも地味にいいんだよね。

つーか、ベビーカー出来る限り使いたくないんですよ。荷物になるから。

スーパーや、それこそイオンみたいなショッピングセンターなら子供用のカートがあるからそれに乗せればいい。そういうカート系がない所に行く場合は渋々持ってくけど。

子供が小さい内なら抱っこ紐も楽でいい。問題は「自分で歩くぐらいの大きさになってきたけど、ずっとは歩けない」ぐらいの時で、それはもうベビーカーやカートを使うしかない。うちの子は今まさにそのぐらいの年頃で、ずっと抱っこはさすがに無理なんだよね。上腕二頭筋的に考えて。

「歩きたくないー(ニヤニヤ)」とか言うしね。歩けや!

こんなことをつらつら考えてくと、車なし公共交通機関のみで頑張らなきゃならない人は本当に大変だと思う。


子連れで買い物大変

自分地方民ですが、正直イオン最高っす

2016/05/17 09:46

なんてことを考えながら、上のブコメしたら必要以上に星が集まってびっくりした。イオンの回し者じゃありません。

で、子連れが基本の身から思うイオンの素晴らしい点って、まずトイレ回りが使いやすいってことだと思う。

小さい子は頻繁におむつを替えなきゃいけない。小さい子供2人もいると下手したら1時間に3回くらいおむつ替えてるわけ。そういう時におむつ替えスペースがないと非常に困るのだ。

下手すると男性用のトイレにはおむつ替えの台すらない、みたいな施設もあるしな。どうすんだ、男だけで子供連れてくる奴は死ねというのか。

イオンのトイレと言えば、子供用のトイレはあるわ、おむつ替えスペースはあるわ、授乳室はあるわで、本当に子連れで遊びに行きやすいんですよね。キッズスペースで遊ばせることも出来るし、フードコートで丸亀製麺のうどん食べるのもいい。なんだ、完璧じゃないか!

子連れで買い物大変

「車でイオンモールに行く」ことの気楽さを知ってしまうと、もう戻れなくなるよ…

2016/05/17 14:34

あああああ……

正義の味方が嫌い

昨日夜遅くまで苛立ちに任せてグダグダ書いてたけど、結局俺は「互助会」って言葉を使った批判が嫌いだってだけなんだろうと思う。

別にプロブロガーを名乗る人たちがどうなろうと知ったこっちゃないし(それは彼らの選択だ)、はてなを中心に繰り広げられる彼らに対する批判が全て的外れとも思わないし、まぁ、彼らのホッテントリ入りにブツクサ言う人はさすがにはてなに対して夢見すぎだろとは思うけど。

しかし、やっぱりどうしても「互助会」批判だけは好きになれない。確信犯はともかく、善意の人まで叩かれるのは見てられない。たまたまはてなブログを使って、たまたまはてなブログ中心のネット巡回をして、そしてたまたまホッテントリ入りして、互助会批判にさらされてしまう。そんなはてなブロガーは罪なりや? 俺にはどうしてもそうは思えない。

「そういうブロガーは叩いてない」と言われるかもしれない。しかし、叩かれかねないと俺は思うし、実際見えない流れ弾を食らってる人は表に出てこないだけで実は結構いるんじゃないか。

そういうのはつらい。嫌だ。


はてなに渦巻く「こいつらは叩いていい連中だ、こいつらを叩くことは正義だ」という空気が嫌だ。積みあがったブクマの数が、怪物が掲げる正義のどす黒い笑みに俺には見える。

そんな正義の味方が、俺は嫌いだ。彼らにとって都合のいい正義のために踏み潰される誰かを、いつだって彼らは見て見ぬふりをするからだ。
広告を非表示にする

ゴミできらめく世界が僕達を拒んでも

これ読んだ。


プロブロガーどものテロ行為を絶対に許すな! - xevra's blog

昨日の時点では「おいおい、テロリスト扱いかよ…」と少々げんなりしまったのだが、追記されている通り、

本件が問題としているのは

・クズ記事を互助会やSEOで検索上位へ誘導する事

個人的な日記や中身の薄い記事を書く事自体は問題ではないし、そこに広告張っても構わない。しかし、金儲けのために読者を騙すゴミを振り撒く行為は許し難い。

ということのようなので、大筋では従来の互助会批判の流れ、という理解で良さそうだ。

はてなでは定期的に話題になる互助会問題だが、このブログでも過去に言及しているので、それも振り返りながら自分なりに書く。


互助会批判の問題点

まず、当たり前だが運営側が禁止している行為(複数のアカウントで共謀して同一のURLをブックマークする行為、など)は問答無用でアウト。これに異論がある人は少ないだろう。

問題はグレーゾーンの扱いだ。

共謀もしていないし、指摘されるほど大量のブクマをつけているわけでもないが、類似のカテゴリ内や「購読中のブログ」内で発生したゆるい繋がりの中でブクマを付け合う。「スパム行為」とまでは認定できないものの、そうした行為も「互助会」として批判されがちなケースだ。


はてなブックマーク互助会批判と、「正しいホッテントリ」 - 名前のない日記

ある意味では最も互助会批判にさらされがち。

ちなみに、このような人たちを一括りにして「この互助会野郎が!!」と批判するのは、俺は良くないと思っている。

もちろん中には確信犯もいるだろうが、しかしその中には「はてなブログを使い始めて間がない初心者」も少なくないと思われるからだ。

自分にも身に覚えがあるが、はてなのサービスを使い始めてすぐは、どうしても巡回先がはてなブログに偏りがちになってしまう。はてな以外のサイトもブクマしていいんだということも、使い始めてから結構後になってから知ったくらいだ。「いいね!」ぐらいの気持ちで、購読中のブログをブクマしたことも少なくはなかった。

こういう人のブログが何かの拍子に新着入り、ホッテントリ入りした場合、ホッテントリウォッチャーからの互助会批判に得てしてさらされてしまいがちだ。

批判を受けるにしても、「内容が薄い」とか「事実誤認がある」というぐらいの指摘ならまだいい。

「互助会」と言われるということは、ある意味では「お前はスパマーだ」と言われているようなものだ。恐ろしくなってしまう人も少なくはないだろう。

スパム行為をしている人(法律用語でいう「悪意」)をスパマーと言うのはいいだろう。

しかし、スパムをしているつもりのない人(法律用語でいう「善意」)にまで、ろくな検証もせず運営に成り代わって「お前はスパマーだ」という言葉をぶつけるのはいかがなものか。ちょっと雑すぎやしないか。



ここで、上記のブログに戻る。

例えばあなたがGoogleでアーティストを検索したとしよう。出てくるサイトが全部プロブロガーのエセ紹介サイトで、ファンを語りながら名前間違ってたり曲の紹介がファンからしたら噴飯もののクソ紹介になってる物ばかりだったらどう思うだろうか?

(中略)

奴らは巧妙にSEOを仕掛け、互助会でリンクを稼ぎ、ギラギラした目で執念を持って検索の流入を追いかける。だから普通の善良なサイトは全部負けてしまう。金の亡者にネット検索が乗っ取られてしまうのだ。


プロブロガーどものテロ行為を絶対に許すな! - xevra's blog

このブログが展開する批判の趣旨を俺なりにまとめると「質の低い記事を、互助会ブーストによって検索順位を上げないで(ホッテントリ入りさせないで)欲しい」ということかと思う。

これについて俺が感じるのは以下の2点だ。


① 「質の低い記事」とは?

クズ記事とはなんぞや。

はてなの人は、この辺の審美眼に大層自信をお持ちの方が多い印象だが、これはなかなか一概には判断しにくい話だと思う。

例えば、「愛がない」だの「内容が薄い」だのよく批判されがちなアーティスト曲紹介の場合。「ミスチル おすすめ」なんて検索する場合、どういうサイトがヒットしたらありがたいだろうか。

ミスチルをよく知っている人なら、ディープな話題や曲の細部まで踏み込んだレビューが嬉しいだろう。俺もよく検索するが、その人なりの感想をその人の言葉で語ってくれているだけで、こういう考え方もあるのかと気付かされることも多い。

対して、ミスチルをよく知らない、おすすめされるアルバムを聞いて世界に入って行きたい人ならばどうだ。細部にまで入り込んだ愛のある重たいレビューよりも、愛が薄めのライトな記事の方が好まれるのではないか。ゴリゴリ考察しているサイトなんかに当たってしまったら「うわぁ、敷居が高そうだなぁ…」と感じてブラウザバックしてしまうかもしれない。

このように、同じ曲紹介記事でも人によって「面白い」「参考になる」と感じる記事は異なる。「愛がないからこの記事はクソ。互助会!」と断じてしまいたくなる気持ちもわからんではないし、批判するのも自由だが、それを喜ぶ人も世の中にはいるのかも、というぐらいの想像力と寛容さは持ってた方がいいんじゃないか。


② 互助会ブーストの実態とは

いくつブクマがついたら新着入り、いくつついたらホッテントリ、という細かい数字はわからないが、実際問題「互助会」の人たちだけのブクマでそんなホイホイホッテントリまでいくものだろうか。行っても精々新着ぐらいが関の山じゃないか。面倒なので検証はしないが。

個人的には「互助会」の人のブクマよりも、むしろ後から来る「互助会批判」の人たちの批判ブクマによってホッテントリ入りするケースも結構馬鹿に出来ない数あるんじゃないかという気もする。「二階案件」なんて言われたりするけど、あれも結局どこまで効果あんのかな*1

まぁ「こんな記事がこんなにブクマされる(ホッテントリ入りする)なんておかしい!」と思う人はいると思うが、これについては前に書いた記事を貼っとく。

この話を突き詰めて行きつくところは「では『正しいホッテントリ』とは?」という問いだ。『「評価されるべき記事」が評価されるべきという思想』と言い換えてもいい。

いくら古参が「今のホッテントリが良くない」と述べようと、ブクマ数が全てを決めるシステムである以上、これがはてなブックマークの現状であると言わざるを得ない。それが気に入らないのであれば、そうした思想を反映したキュレーションメディアを新たに作るしかない。

また、今のホッテントリが気に入らないという人は、もうはてなブックマークのメインユーザー層ではないニッチ層なのだ、ということも言えるのではないだろうか。


はてなブックマーク互助会批判と、「正しいホッテントリ」 - 名前のない日記

「インターネットはゴミばかり」

ここからは互助会問題と少し離れますが。

「こういう人たちを野放しにしておくと、インターネットはゴミばかりになってしまう」という問題意識はわからなくはないんだが、「じゃあ昔はもっとゴミが少なかったのか」と言われるとそんなこともない。今も昔もインターネットはゴミで溢れかえっている。

新聞やテレビなど、オールドメディアと呼ばれるメディアは、出す情報の質や正確性を組織として担保している。報道の訓練と経験を積んだ編集者が情報の価値を判断し、序列をつけて報じる。ネットではマスコミは得てして馬鹿にされがちだが、質と正確性を担保するために彼らが一体どれほどのコストを支払っていると思っているのか。

対して、インターネットに溢れる情報の殆どは顔も素性もわからない匿名者個人が出している。質や正確性の担保など出来るはずもない。

そういう意味で言えば、どんなにはてなで「互助会」と貶されていようが、どんなにはてなで力を持っていようが、どちらにせよ素性もバックグラウンドもわからない人間から出てくる情報など等しくゴミだ。匿名の発信者同士が「こっちの情報は価値がある」「こいつは互助会だから読む価値ない」なんて言ってるのは、ゴミ同士がどちらがより劣ったゴミなのかを争っているようなものだ。乾いた笑いしか出ない。

だが、だからインターネットの匿名者から発信される情報に全く価値が無いかというと、そんなことはない。

それは個々人が個々人の価値観によって判断しているからだ。誰かにとって無価値でも、他の誰かにとっては人生を変え得る情報になるかもしれない。それはその人にしか判断できない価値だ。

俺は自分の価値観が全てじゃないことを知っている。どれほど「この情報はゴミだ」と思っても「それでもこの情報を宝石のように思う人がいるかもしれない」とも思う。

今日馬鹿にしたあの人の記事に、いつか感動させられる日が来るかもしれない。そんな日が来ないとは、この世の誰にも言えるはずがない。

「だから批判するな」なんて俺は言うつもりはない。批判するならむしろしっかり批判してほしい。「互助会」なんて雑でファジーな言葉で批判を組み立てる手間暇をショートカットしないで欲しい、と俺は思う。

*1:PVを献上しないという意味で

今さらまどか☆マギカ「叛逆の物語」を見た①

今更まどマギを見始めて、劇場版「叛逆の物語」まで見終わったのが先週のことだ。正直まだ自分の中で上手く整理できていないので、今までブログも書けなかった。まぁ忙しかったのもあるんだけど。


やっぱり皆と思うことは同じで、前半の「魔法少女」としての日々に「ビューティフル・ドリーマー」を感じてしまった。演出もそれを想起させるオマージュが散りばめられていたように思う。


ビューティフル・ドリーマー」でラムが見ていた「楽しい夢」を破るのは「前に進みたい」というあたるの意思だったが、「叛逆の物語」ではどうか。

ほむらが見ていた夢を破るのはあくまでほむら自身だ。楽しい毎日には違和感を覚え、「こんなぬるま湯に浸かっていることは許されない」とほむらは考える。無邪気に(夢邪気に?)楽しい夢に浸ったラムとほむらは決定的に違う。そして、時が停まった楽園*1よりも変わっていく明日を選ぶために夢を破ろうとしたあたるとも違う。

現実と虚構みたいなものをモチーフにした作品はいくつもあるけど、大体の作品の「虚構」は「楽しいけど、いつかは卒業しなきゃいけないもの」みたいな描かれ方をされることが多い。

そりゃそうだ。虚構は終わるからこそ楽しいのだ。永遠に続くお祭りなんて悪夢でしかない。

自分はkey作品に思い入れがあるので、やはり「LittleBusters!!」なんかが思い浮かぶ。恭介が作り上げたループ構造はあくまで理樹や鈴を強くするためのものだった。虚構にいつまでも留まっているわけにはいかない悲しさ、みたいなものもそこでは表現されていた。

Little Busters!

Little Busters!


まぁこれらの作品における虚構は「作品世界」や「二次元」みたいなものの暗喩であるので、社会通念上の捉え方としてもそれは違和感ない。

しかし「叛逆の物語」のほむらは、ぬるま湯としての虚構を「唾棄すべきもの」「浸かっていること自体が罪」と捉えている。それは、ほむらの現実がまどかという神聖なる犠牲によって成り立っているから*2だが、この辺に製作者側の気分が表れている気がして面白い。

俺たちはまどかの犠牲を無駄にしないためにも戦い続けなければならないのだ。のうのうとアニメを見ている自分への罪悪感、みたいなものもそこには見えてくる。


まとまってないし、終わりまで書いてないけど、とりあえずこの辺で。

続きはまた今度。

*1:それはそれでディストピアではあるんだけど。

*2:TV版は大きな意味でほむらの「現実」を描いたものだ、という言い方も出来る。

今さら「魔法少女まどか☆マギカ」を見てモヤモヤしている。

先週ぐらいにかけて、今頃というかアレなんですけど「魔法少女まどか☆マギカ」を見た。一度TVシリーズをゆっくりと咀嚼してから見たいなーという気持ちなので、劇場版はまだ見てない。

そんなわけで、今俺の中では絶賛まどマギブームが巻き起こっているのだ。俺のはてブをお気に入りに入れてる人は「こいつは何を狂ったようにまどマギ関連のリンクをブクマしてやがるんだ」と思われたことだろう。すまん。もう少し我慢するか非表示にしてくれても構わない。

色々な人の感想を見たかったのは、自分の中にこの物語をどう落着させたものか、判断に困ったからだ。有体に言えば、モヤモヤしている。

まだ自分の中で考えはまとまっていないが、今感じていることをそのままの形で書き殴っておきたい。ちなみにこれは、完全に自分による自分のための憑き物落としであることをここに宣言しておく。


正直言って、最終話のまどかの選択にモヤモヤしている。

見る前から、ある程度の流れはネット上のネタレベルでは知っていた。マミるとか、ほむらがループしてるとか、まどかが神だとか。

しかし、話数を進むごとにどんどんと逃げ道を塞がれていくまどかを見ているうちに段々辛くなってきて、最後まどかが「自分にしか出来ないことをする」と言いながら神のごとく高次の存在となって永遠に戦い続けるという選択をした時「あぁもう駄目だ」と思った。

まどかは神となり、現実の世界では「最初からいなかった」ことにされてしまった。産みの親ですら、まどかのことを覚えていない。この世界に唯一残されたまどかの痕跡は、彼女のリボンと、ほむらの記憶だけ。

そりゃねえだろよ、と。正直言って、こんなに「そりゃねえだろ」と思ったのはエヴァの旧劇以来だよ。

これは、もしかしたら俺が今、人の親になったからそう思うのかもしれない。少なくとも、自分の娘がこんな決断をさせられたら、俺はきっと耐えられないだろう*1。どんな形でもいいからこの世界に生きていてほしい、と人の親なら願うだろうよ。

また、俺には「博愛」が理解できないだけなのかもしれない。まどかの願いが「ほむらをループから救い出す」なら理解できたかもしれない。さやかの願いも、杏子の決断も、まだ理解できる。彼女らの「願い」は皮肉な結果や自己欺瞞も含めて、どこまで行っても人間らしかった。

だけど、漠然とした「セカイ」みたいなものを救おうとするまどかの願いに、俺は「人間らしさ」を感じることが出来なかった。「願いや希望が呪いに変わってしまう世界なんて間違ってる」という彼女の思いは、頭では理解できる。しかし、そんな決断を本当に人間が出来るのか。過去や未来の魔法少女まで、本当にまどかが救わなくてはならなかったのか。それが「自分だけにしかできないこと」だったからといって。

俺は、まどかへの賞賛以上に、一人の人間に「神」になることを(結果的に)強要する世界自体のグロテスクさに改めて慄いてしまったし、それに流されるような選択をしてしまったまどかは「愚か」だとも思った。制作者も視聴者に「そりゃねえだろ」と感じてもらうように最終話を構成したんじゃないかと感じてもいる。正解は知らないが。

まどかのような人たちを十字架にかけることによって、今の世界は成り立っている

9話でキュウベエが「自分たちがこの『魔法少女システム』を持ち込まなかったら人類はまだ洞窟で暮らしてる」って言ったんだけど、この台詞ってすごい。

それは「誰かの願いや希望、それに伴う呪いこそが人類や文明をここまで発展させてきた」ということ。「魔法少女の魔女化」に照らすまでもなく血塗られた歴史で、「グロテスクな世界」そのものなんだけど、それ自体を否定する言葉も俺は持てないでいる。

それは突き詰めれば「まどかのような人たちを十字架にかけることによって、今の世界は成り立っている」ということなんだよな。それを、今を生きる俺が否定できるのか。家畜を食べて生きているこの俺が。

世界はグロテスクだけど、グロテスクだからこそ今の俺たちは生きていられる。

矛盾。

そういう矛盾を悲しいと思い、変えようとし、そして失敗したのがほむらだ。

結局、ほむらはまどかを救えなかった。

「救えなかった」記憶と後悔を抱えて、ほむらは死ぬまで戦い続けるしかない。そんな忸怩たる思いを、俺たちも等しく抱えるべきなんじゃないか、と思ったりもする。

こう考えると、俺は結構ほむらに感情移入してこの話を見ていたんだなぁ。


まだよくまとまってないけど、もう少し考えてから劇場版見る。

*1:だから、まどかを行かせてしまった母親に対しては正直言って辛辣な感想を持たざるを得ない。