名前のない日記

俺の俺による俺のための憑き物落としをしています。

絶対に「無駄にならない」ことなどこの世にはない。

こういうのを読むと「じゃあお前にとって無駄じゃない時間って、何なんだよ」とか言いたくなっちゃうんだよなぁ。

無課金で数年続けていたソシャゲをやめて分かった、ただ1つの事実

この増田、とにかく上手いんで一読の価値ありだ。「時間を無駄にしないように」、最大限の効率を求めて無課金廃プレイに自分の出来る全てを注ぎ込み、そして当たり前のように課金ユーザー達に敗れる。そうした数年間を振り返り、数年前の自分に向かってこう言うのだ。

ここまで自分の人生を書いてきたが、そんな私のことをクソ人間と罵る方もいるだろう。その意見に関してはまったくの同意だ。なので、別に構わない。
しかし、私と同じことを考え、私と同じようにソシャゲを「仕事」にしている人間は、数多くいるハズだ。


そのような人々に私はひとつだけ伝えたい。


時間は取り戻せない。


いやしかし、まだ遅くはないはずだ。


時間をムダにするな。


無課金で数年続けていたソシャゲをやめて分かった、ただ1つの事実

いや、素晴らしい。


 ***


こんな風に、ゲームにハマった時間を後から振り返って「時間の無駄だったなぁ」と思うことってよくあるけど、じゃあ「無駄じゃない時間の使い方」って何なんだろうか。中々難しい。

勉強? 運動? 家族サービス? 仕事?

こういうことに時間を費やせば「時間を無駄にしなかった」と胸を張って言えるのだろうか。


一生懸命勉強したが資格試験に合格できなかった。受験に落ちた。

一生懸命練習したが試合には勝てなかった。才能ある奴に負けてレギュラーになれなかった。

一生懸命家族のために頑張ったが空回り、不仲になって離婚してしまい、子供とも離れなければならなくなってしまった。

一生懸命仕事したが、同僚との出世競争に負けてしまった。上司とそりが合わず、不本意な職場に左遷されてしまった。


こういうことが自分の身に降りかかった時、それに取り組んできた時間を振り返って「それでも、これに費やした時間は無駄じゃなかったんだ」と一点の曇りもなく言える人がどれくらいいるだろうか。

そう考えてみると、絶対に無駄にならない時間の過ごし方って意外と無いということがわかるはずだ。

今の自分の価値観は絶対不変のものじゃない。

今すごく大事なものが、一年後の自分にとってはゴミでしかない。そんなことは、人生の中では珍しくもない。

お金の価値だって相対的だ。

100万円持っている人にとっての100円と、1000円しか持っていない人の100円はけして同価値ではない。

「時間を無駄にするな」

確かに正しい。

正しいが、それを考えすぎると人は身動きが取れなくなってしまう。

絶対に「無駄にならない」ことなどこの世に存在しないからだ。


 ***


だから、俺はこの増田を読んでこう思った。

「時間の無駄を恐れず、今の自分にとって「やる価値がある」と思えることをやるべきだ」

極論だが「時間の無駄になる可能性がある」という点では、勉強もソシャゲも変わらない。勉強とソシャゲを比較して「ソシャゲの方が価値がある」と思えるなら、今のその人にとっては勉強よりもソシャゲの方が必要なのだ。

大事なのは今の自分の価値観だ。今の自分にとって大切なのは何か、それを考えることだ。それを蔑ろにするのは、けして得策ではない。

価値観は変わる。どう変わるかを現在の自分が決めることは出来ない。わからないこと、今の自分にコントロールできないことをあれこれ考えるのは、それこそ「無駄」だ。