読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前のない日記

俺の俺による俺のための憑き物落としをしています。

ゴミできらめく世界が僕達を拒んでも

これ読んだ。


プロブロガーどものテロ行為を絶対に許すな! - xevra's blog

昨日の時点では「おいおい、テロリスト扱いかよ…」と少々げんなりしまったのだが、追記されている通り、

本件が問題としているのは

・クズ記事を互助会やSEOで検索上位へ誘導する事

個人的な日記や中身の薄い記事を書く事自体は問題ではないし、そこに広告張っても構わない。しかし、金儲けのために読者を騙すゴミを振り撒く行為は許し難い。

ということのようなので、大筋では従来の互助会批判の流れ、という理解で良さそうだ。

はてなでは定期的に話題になる互助会問題だが、このブログでも過去に言及しているので、それも振り返りながら自分なりに書く。


互助会批判の問題点

まず、当たり前だが運営側が禁止している行為(複数のアカウントで共謀して同一のURLをブックマークする行為、など)は問答無用でアウト。これに異論がある人は少ないだろう。

問題はグレーゾーンの扱いだ。

共謀もしていないし、指摘されるほど大量のブクマをつけているわけでもないが、類似のカテゴリ内や「購読中のブログ」内で発生したゆるい繋がりの中でブクマを付け合う。「スパム行為」とまでは認定できないものの、そうした行為も「互助会」として批判されがちなケースだ。


はてなブックマーク互助会批判と、「正しいホッテントリ」 - 名前のない日記

ある意味では最も互助会批判にさらされがち。

ちなみに、このような人たちを一括りにして「この互助会野郎が!!」と批判するのは、俺は良くないと思っている。

もちろん中には確信犯もいるだろうが、しかしその中には「はてなブログを使い始めて間がない初心者」も少なくないと思われるからだ。

自分にも身に覚えがあるが、はてなのサービスを使い始めてすぐは、どうしても巡回先がはてなブログに偏りがちになってしまう。はてな以外のサイトもブクマしていいんだということも、使い始めてから結構後になってから知ったくらいだ。「いいね!」ぐらいの気持ちで、購読中のブログをブクマしたことも少なくはなかった。

こういう人のブログが何かの拍子に新着入り、ホッテントリ入りした場合、ホッテントリウォッチャーからの互助会批判に得てしてさらされてしまいがちだ。

批判を受けるにしても、「内容が薄い」とか「事実誤認がある」というぐらいの指摘ならまだいい。

「互助会」と言われるということは、ある意味では「お前はスパマーだ」と言われているようなものだ。恐ろしくなってしまう人も少なくはないだろう。

スパム行為をしている人(法律用語でいう「悪意」)をスパマーと言うのはいいだろう。

しかし、スパムをしているつもりのない人(法律用語でいう「善意」)にまで、ろくな検証もせず運営に成り代わって「お前はスパマーだ」という言葉をぶつけるのはいかがなものか。ちょっと雑すぎやしないか。



ここで、上記のブログに戻る。

例えばあなたがGoogleでアーティストを検索したとしよう。出てくるサイトが全部プロブロガーのエセ紹介サイトで、ファンを語りながら名前間違ってたり曲の紹介がファンからしたら噴飯もののクソ紹介になってる物ばかりだったらどう思うだろうか?

(中略)

奴らは巧妙にSEOを仕掛け、互助会でリンクを稼ぎ、ギラギラした目で執念を持って検索の流入を追いかける。だから普通の善良なサイトは全部負けてしまう。金の亡者にネット検索が乗っ取られてしまうのだ。


プロブロガーどものテロ行為を絶対に許すな! - xevra's blog

このブログが展開する批判の趣旨を俺なりにまとめると「質の低い記事を、互助会ブーストによって検索順位を上げないで(ホッテントリ入りさせないで)欲しい」ということかと思う。

これについて俺が感じるのは以下の2点だ。


① 「質の低い記事」とは?

クズ記事とはなんぞや。

はてなの人は、この辺の審美眼に大層自信をお持ちの方が多い印象だが、これはなかなか一概には判断しにくい話だと思う。

例えば、「愛がない」だの「内容が薄い」だのよく批判されがちなアーティスト曲紹介の場合。「ミスチル おすすめ」なんて検索する場合、どういうサイトがヒットしたらありがたいだろうか。

ミスチルをよく知っている人なら、ディープな話題や曲の細部まで踏み込んだレビューが嬉しいだろう。俺もよく検索するが、その人なりの感想をその人の言葉で語ってくれているだけで、こういう考え方もあるのかと気付かされることも多い。

対して、ミスチルをよく知らない、おすすめされるアルバムを聞いて世界に入って行きたい人ならばどうだ。細部にまで入り込んだ愛のある重たいレビューよりも、愛が薄めのライトな記事の方が好まれるのではないか。ゴリゴリ考察しているサイトなんかに当たってしまったら「うわぁ、敷居が高そうだなぁ…」と感じてブラウザバックしてしまうかもしれない。

このように、同じ曲紹介記事でも人によって「面白い」「参考になる」と感じる記事は異なる。「愛がないからこの記事はクソ。互助会!」と断じてしまいたくなる気持ちもわからんではないし、批判するのも自由だが、それを喜ぶ人も世の中にはいるのかも、というぐらいの想像力と寛容さは持ってた方がいいんじゃないか。


② 互助会ブーストの実態とは

いくつブクマがついたら新着入り、いくつついたらホッテントリ、という細かい数字はわからないが、実際問題「互助会」の人たちだけのブクマでそんなホイホイホッテントリまでいくものだろうか。行っても精々新着ぐらいが関の山じゃないか。面倒なので検証はしないが。

個人的には「互助会」の人のブクマよりも、むしろ後から来る「互助会批判」の人たちの批判ブクマによってホッテントリ入りするケースも結構馬鹿に出来ない数あるんじゃないかという気もする。「二階案件」なんて言われたりするけど、あれも結局どこまで効果あんのかな*1

まぁ「こんな記事がこんなにブクマされる(ホッテントリ入りする)なんておかしい!」と思う人はいると思うが、これについては前に書いた記事を貼っとく。

この話を突き詰めて行きつくところは「では『正しいホッテントリ』とは?」という問いだ。『「評価されるべき記事」が評価されるべきという思想』と言い換えてもいい。

いくら古参が「今のホッテントリが良くない」と述べようと、ブクマ数が全てを決めるシステムである以上、これがはてなブックマークの現状であると言わざるを得ない。それが気に入らないのであれば、そうした思想を反映したキュレーションメディアを新たに作るしかない。

また、今のホッテントリが気に入らないという人は、もうはてなブックマークのメインユーザー層ではないニッチ層なのだ、ということも言えるのではないだろうか。


はてなブックマーク互助会批判と、「正しいホッテントリ」 - 名前のない日記

「インターネットはゴミばかり」

ここからは互助会問題と少し離れますが。

「こういう人たちを野放しにしておくと、インターネットはゴミばかりになってしまう」という問題意識はわからなくはないんだが、「じゃあ昔はもっとゴミが少なかったのか」と言われるとそんなこともない。今も昔もインターネットはゴミで溢れかえっている。

新聞やテレビなど、オールドメディアと呼ばれるメディアは、出す情報の質や正確性を組織として担保している。報道の訓練と経験を積んだ編集者が情報の価値を判断し、序列をつけて報じる。ネットではマスコミは得てして馬鹿にされがちだが、質と正確性を担保するために彼らが一体どれほどのコストを支払っていると思っているのか。

対して、インターネットに溢れる情報の殆どは顔も素性もわからない匿名者個人が出している。質や正確性の担保など出来るはずもない。

そういう意味で言えば、どんなにはてなで「互助会」と貶されていようが、どんなにはてなで力を持っていようが、どちらにせよ素性もバックグラウンドもわからない人間から出てくる情報など等しくゴミだ。匿名の発信者同士が「こっちの情報は価値がある」「こいつは互助会だから読む価値ない」なんて言ってるのは、ゴミ同士がどちらがより劣ったゴミなのかを争っているようなものだ。乾いた笑いしか出ない。

だが、だからインターネットの匿名者から発信される情報に全く価値が無いかというと、そんなことはない。

それは個々人が個々人の価値観によって判断しているからだ。誰かにとって無価値でも、他の誰かにとっては人生を変え得る情報になるかもしれない。それはその人にしか判断できない価値だ。

俺は自分の価値観が全てじゃないことを知っている。どれほど「この情報はゴミだ」と思っても「それでもこの情報を宝石のように思う人がいるかもしれない」とも思う。

今日馬鹿にしたあの人の記事に、いつか感動させられる日が来るかもしれない。そんな日が来ないとは、この世の誰にも言えるはずがない。

「だから批判するな」なんて俺は言うつもりはない。批判するならむしろしっかり批判してほしい。「互助会」なんて雑でファジーな言葉で批判を組み立てる手間暇をショートカットしないで欲しい、と俺は思う。

*1:PVを献上しないという意味で