名前のない日記

俺の俺による俺のための憑き物落としをしています。

「これがはてなの現状です」としか言いようがない。

今更メタブして喜んでる連中ってクソしょうもない

この増田の発端となった記事のメタブが何個もホッテントリ入りしているのを見て思ったことは、「あー、飽きもせず互助会互助会っつって批判してる人は、いつもこういう気持ちなのかもなー」ということ。

でもまぁ、前も書いたが、ホッテントリは所詮「はてなユーザーがどれだけその記事にブクマしたか」のランキングであり、それ以上でもそれ以下でもない。そんなものに、いちいち感情左右されるのはひどく馬鹿らしいことだ。

どれだけ俺が「くだらねぇ記事のメタブいくつもホッテントリ入りさせやがって」と思っても、それなりに多くのはてなユーザーがそれを面白がっていることだけは厳然たる事実なのだから、はてなを使っている限り認めるしかないと俺は思っている。それが嫌なら見なければいい。何年か前のレコ大審査委員風に言うと「これがはてなの現状です」なのだ。それ以上に言うべきことなどない。

わからないのは「この件はOK、でも互助会はNG」という人がいることだ。

俺は互助会批判を「購読者グループ内などの、内輪のブクマ付け合いによって(内輪以外の人にとって)詰まらない記事がホッテントリ入りすることに対する批判」と捉えている。「ホッテントリ入りするべきでない記事がホッテントリ入りしてしまうこと」への不満が互助会批判のキモだったんじゃないか。

だとするなら、昨日のメタブだって同じじゃね?

結果的に、多くの人にとって「読むに値しない」サイト(しかも複数個のメタブも含め)がホッテントリ入りしてるんだからさ。少なくとも俺は「くだらねぇ記事のメタブいくつもホッテントリ入りさせやがって」と思ったよ?

皆さんが批判する「互助会」と何が違うのか。



何度も言うが、これがはてなブックマークの現状なのだからしょうがない、と俺は思っている。喜色満面、せっせとメタブの塔を建立した人たちに言いたいことなど何もない。

ただ、自分たちも似たようなことをしておきながら、他人に対して「互助会(お前たちはスパマーだ)」とレッテル貼りするのは醜悪としか言いようがないし、ダブルスタンダードもいいとこだ。

つまらないなら「つまらない」と言えばいいだけじゃないか。「互助会」なんて人をスパム呼ばわりするマジックワードを使って批判をする根性が、俺は心底嫌いだ。