名前のない日記

俺の俺による俺のための憑き物落としをしています。

第3回カクヨムWeb小説コンテストに参加することにしました。

というわけで、何が「というわけで」なのかはわかりませんが、第3回カクヨムWeb小説コンテストに参加することにしました。

図書券1,000円分につられて参加意思表明もしちゃう。

まぁカクヨムの方も、前に書いた短編投げただけで何もしてなかったし、まとまったものを書くのに「12月まで」(ではないけど)というのは良い括りかなと。長編書き上げた上でweb連載って一回やってみたかったのでちょうどいい機会になりました。

自分の書くものがWeb小説界隈の時流に乗るものではないのはわかってるので、大した結果も出ないでしょうが、まぁ参加することに意義がある

今全体の10分の1程度の文量ですが、久々に「脳内の8割以上を自作にぶちこむ」状態になってて、ちょっとずつ楽しくなってきました。応募部門は、書き上げてみないとわかりませんが、多分「SF・現代ファンタジー部門」かなぁと思ってます。

目算だと書きあがりは11月中旬以降になりそうなので、それまで更新が滞るかもしれませんが、よしなによろしくお願いします。