名前のない日記

俺の俺による俺のための憑き物落としをしています。

「今日から俺は!」の相良は、結局「何」ができなかったの?

名作「今日から俺は!」が実写ドラマ化されるのを記念して、以前のブログで書いた記事を再掲します。





相良「俺にはできなかったんだ………」
智司「………俺もまだ、いなかったしなァ」
相良「なんだ、いりゃ助けてくれたのか?」
智司「ハッ、どーかな」
(相良・智司/今日から俺は!38巻)

今日から俺は!」といえば、もう僕みたいな30前半世代にとっては伝説的な漫画で、漫画喫茶に行って特に読む物もない日は、ふらふらと手に取ってしまうことが今でもある。

ギャグ描写に定評があるが、シリアスな作劇的に見ても面白く読める。作者の西森さんは「今日から俺は!」の後に続く「天使な小生意気」「道士郎でござる」「お茶をにごす」「鋼鉄の華っ柱」などの作品で、徐々にドラマ色を強めていく方向に舵を切った(ように見える)んだけど、「今日から俺は!」の時点では、まだギャグとシリアスの比率は8:2ぐらいで結構バランス良い。いや、今がバランス悪いって言ってるわけじゃないんだけど。

そんな「全編に散りばめられたギャグ要素」と「少しのシリアス」という黄金比でサンデーの一時代を築いた「今日から俺は!」だが、その中でも白眉と言えるのが冒頭で引用したシーンだ。

「俺にはできなかったんだ………」とは

策略を使って主人公・三橋をあと一歩のところまで追い詰めた宿敵・相良だったが、既に潰したはずの三橋の相棒・伊藤があらわれ、完膚なきまでにぶちのめされてしまう。倒れたまま自嘲気味に笑う相良の元に、開久の同級生で元・頭の智司が現れる、というシーン。

「放っといてもよかったんだけどよ、あまりにオメーが不憫でよ」
「オオ、そりゃ友情だネ」
「治ったら、何発かイカせてもらうぜ」
(立ち上がった三橋の姿を回想)
「俺にはできなかったんだ………」
「………俺もまだ、いなかったしなァ」
「なんだ、いりゃ助けてくれたのか?」
「ハッ、どーかな」

このシーンの後半、相良の「俺にはできなかった」という台詞の意味が判然とせず、今でもファンの間では語り草になっている(多分)。

相良は一体「何」ができなかったんだろう。

「相良も三橋と同じ目にあった過去を背負っています」説

あり得る一つの解釈としては、相良も今回の三橋と同じ目に遭って大切な人を守れなかったという過去を持っており、そのことを指して

「俺には(あいつを守ることが)できなかったんだ……」
「……俺もまだ(その時にはお前のそばには)、いなかったしなァ」

というもの。

いかにもありそうだけど、作中でその事実が語られていないことや、最後の智司の「ハッ、どーかな」という台詞の意味がわからなくなってしまうことから、個人的にはこの解釈はナシ。

「たった一つ」のコンプレックス

ヒントは、この「相良のリベンジ編」全編にわたって描かれている「相良が持つ、三橋に対するコンプレックス」にあると思う。

わからねーよ。
俺と同じだ、勝つために手段を選ばねェ。
つまらねェ卑怯者じゃねーか。
たった一つ除いてよ。
「なァ、三橋」
(相良/今日から俺は!37巻)

三橋に対する策略の事前準備として、三橋に手助けしそうな人間を一人ずつ潰して回っていく相良。その一人目となった智司を潰した後の独白だ。

ここでいう「たった一つ」とは、言うまでもなく「信頼できる仲間」の存在だ。

相良は最初智司に「三橋を潰す協力」を求め、それを断られたために智司を潰した格好になっている。智司自体は三橋と敵対関係に無いとはいえ、積極的に手助けをするような間柄でもなく、「三橋を手助けする存在」としての優先順位はかなり低い(本来なら中野を真っ先に潰さなければいけなかったと思うんだけど、知らなかったのかな?)。

どうして相良は初めに智司を訪ねたのか。それは、心のどこかで「智司は自分の味方をしてくれるんじゃないか」と期待していたからじゃないか。それが裏切られたからこその、この独白だったんじゃないか。

「信頼できる仲間」がいるかいないか、それが自分と、少なくとも自分と同等である三橋との間にある「大きな差」の要因だと、相良は考えていた。それらを全てはぎ取り策略を弄して三橋を潰した相良はこう叫ぶ。

「そら見ろ、見ろよ、何が無敵だ!! ただのつまんねェ奴だ!! どこにでもいる小僧と変わんねーじゃねーか!!」
「オメーはくだらねェ人間なんだ、俺と大差ねーんだ、わかったかョ!!」
(相良/今日から俺は!38巻)

つまり、相良は三橋が羨ましいんだ。自分とそんなに変わらんクセに、自分に無いもの(楽しい青春、信頼できる仲間などなど)をすべて持っている三橋が羨ましくてたまらない。だから、それらを全て剥ぎ取ってみせた上で、自分より下に三橋を叩き落とそうとした。

みんなが三橋のように生きられる人ばかりじゃない。三橋という光があれば、必ず影が出来る。三橋と伊藤の活躍を傍から眺めるその他大勢の中に、読者の中に、または作者の中に浮かぶ「影」――その「影」を具現化した存在が相良だ。

この辺りの台詞は本当にスゴイ。相良を単なる憎い敵役としてだけでは終わらせずキャラとしての厚みを持たせる、作者の力量だと思う。

「俺にはあんな友達、できなかったんだ」

だから、相良が発したこの台詞、「俺にはできなかった」の意味とは、「俺には(あんなダチ)できなかった」なんじゃないかと思う。自分が三橋に対して持っていた「自分には信頼できる友達がいない」というコンプレックス(劣等感)を認めた、ということだ。

もっと言えば、相良がそういうコンプレックスを持っていたことに、智司も気づいている。だから、全てを見届けた後で相良を見て「不憫だ」という言葉が出た。智司も相良が持つ「寂しさ」を共有しており、だからこそ二人は初めて友達になることが出来た。「まだ俺もいなかった」という言葉は、「もう俺たちは友達だ」の裏返しともとれるからだ。

「いりゃ助けてくれたのか?」と聞く相良を智司は「どうかな」と躱す。「友達」とは、相手の行動を手助けするだけの、単なるビジネスパートナーじゃない。そういう「今日から俺は!」の全体を通じて繰り返し語られてきた「友達のあり方」を、こういう短いやり取りの中で総括している点もスゴイ。

この相良と智司の短いやり取りの中に「今日から俺は!」の全てが詰まっていると言っても過言ではないのだ。

漫画史に残る屈指の名シーンである、と主張したい。